キャンピングカー

きまぐれ散歩

【Dimitris VetsikasによるPixabayからの画像】

「なんかいいよね、気ままに旅できるキャンピングカー」


【Mike GoadによるPixabayからの画像】

移動している感じ「満載」。コロナ終って早くこんな旅してみたいな。
キャンピングカーについて調べてみました。
特殊用途自動車としてのキャンピングカーとそうでないものと現在はある。最近の傾向として②➂が多い
キャンピングカーの架装(外観や内装)による分類
① フルコンバージョン 専用のシャーシに架装したもの(特殊用途自動車が多い)
② キャブコンバージョン トラックなど(キャブ付きシャーシ車)に架装したもの
③ バンコンバージョン ワンボックス車などに架装したもの
④ バスコンバージョン マイクロバスなどに架装したもの
装備として
トイレ・シャワー・冷暖房・ギャレー(シンク)・コンロ・冷蔵庫・ダイニングテーブル・テレビ・ビデオ・充電システム・発電機・サイドオーニング・サイクルキャリア・油圧ジャッキ等がある
キャンピングカーの市場
① 販売台数 2005年5万台・2011年7.56万台・2015年9.51万台・2017年10.62万台・2018年11,25万台
② 販売価格 オプション・諸経費込み価格 400万円代(16.2%)・500万円代(14.9%)・300万円代(13.6%)
③ 購入年齢 60代(40.8%)・50代(30.2%)・40代(15.6%)・30代(9,7%)
キャンピングカーの旅に必要なもの
持ち物 着替え・風呂セット、衛生用品(洗面用品やティッシュなど)・食器・寝具・ライト・各種充電器(スマホ等)・ソフトバック(ハードバックは不向き)。普段日常で使っている小物や救急セット
装備 なるべくそろったものを予算に合わせて用意する(上記の装備参考)
インターネット PCや通信回線を確保できる装備があると便利
注意事項 停泊する場所の事前調査が必要

コメント